現代版「ノアの方舟建設計画」プロジェクト

現代版「ノアの方舟建設計画」プロジェクト

 年々、「固定種」は急速に消滅していて、「我々は毎日のように作物生物の多様性を失いつつある。将来の農業のため、そして気候変動や伝染病などの危機から人類を守るため、あらゆる環境に適用する種子を保存する必要がある。いわば、あらゆる危機に生き残る種子を集めたフエール・セーフの金庫が必要だ」と、ビル・ゲイツ財団が資金面の提供をして、現代版「ノアの方舟建設計画」プロジェクトと称し、ノルウエーの氷河の下に建造された「あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫」が、2008年にオープンした。全世界から300万種類の植物の元の種を保存しているそうだ。

しかも、ロックフェラー財団、モンサント、シンジェンタ財団、CGIAR(国際農業調査コンサルグループ)なども、資金提供をしているそうで、独占ビジネスで巨万の冨を稼いだビル・ゲイツといい、緑の革命を推進してきたロックフェラー財団、GMO・バイオメジャーが名を連ねているのも何だかなぁー、その目的は見え透いているような感じである。

 

 日本でも、1980年に農林水産省が茨城県のつくば市にジーンバンクを作って、植物、微生物、動物などの多様な遺伝資源を国内外から広く収集し、日本中の種屋からも在来種の種を集め、植物では約22万点の種を保存し、形質的な特徴や耐病虫性、品質などの特性が調査され、利用しやすいようにデータベース化が進められているそうだ。

 「北極種子貯蔵庫」がやっているのと同じ方法で、零下18度か20度で保存しておけば、理論上は1000年でも2000年でも保存ができて、少しずつ温度を上げて貯蔵庫から出せば、種は発芽するらしい。ところが、数年前、ある種苗会社が、そのジーンバンクから、温度を徐々に上げて常温に戻した菜っ葉のタネを10数種購入して、撒いたところ、1種類しか発芽せず、あとは全て芽が出なかった。1980年に日本中から集めた菜っ葉の種がたかだか30年でほとんどが死んでいたというのだ。

予算が無くなって、日本中から集めた種をただ保存しているだけという状況になってしまっているそうで、10年、20年単位で外に出して、種を撒いて、もう一度作物を育てることを繰り返えすことも必要だという。

タネ・種子の話

ハイブリッドライス・CMS細胞質雄性不稔

遺伝子組み換え作物問題

現代版「ノアの方舟建設計画」プロジェクト

Comments